タロット 大アルカナ
「世界」の意味・解釈






タロット世界の意味・解釈

【21:世界】



大アルカナ最後のタロットカードです。

何も知らない白紙の様な存在である「0:愚者」からスタートして、
様々な試練・経験・出会いを経た大アルカナの旅。

「審判」のカードは、その旅の最後にたどり着く境地です。

中央の人物は女性でもあり男性でもある…
全てを備えた偏りのない存在。

その四方に配置された天使と動物たちは、
風火地水の四大元素の象徴です。

「世界」のタロットカードは完全なもの、成功や完成、願望成就や目的達成、完結を意味します。

状況によっては、その時点で完結されてしまったために、
それ以上の進展・発展は望めないというような一面もあります。


【世界 正位置】
目標達成、ゴール、完成、幸せな結末、物事の完成、成功、願望成就

【世界 逆位置】
未完成、挫折、臨界点、調和の崩壊、限界を迎える、次へ進むのが困難

★恋愛占いでの意味・暗示される人物像
【世界 恋愛 正位置】
 1つのサイクルの完成・終了。
 幸福のピーク。幸せな結果。 想いが満たされる。 恋愛の成就。
 育んだ関係の完成。 望んでいた通りの結婚。
 理想の相手。才気あふれる人。
 ツキのある人。完璧主義者。理想が高い人。

【世界 恋愛 逆位置】
 失望。退屈。残念な結果。 望んでいなかった結末。
 果たされずに終わる約束。 埋まらない溝。 分かり合えない。
 関係の行き詰まり。 これ以上の進展は無理。 縁が無かった。
 望まない結婚。

  →タロットカードの意味・解釈 大アルカナ一覧へ戻る  



 ★共有してみませんか?