タロット 大アルカナ
「女教皇」の意味・解釈







タロット女教皇の意味・解釈

【2:女教皇】     




「女教皇」は「女性性」…、女性的な性質を象徴するタロットカード。


同じく女性性を象徴する大アルカナのタロットカードである
「女帝」と対になるカードです。

「女教皇」は「女性性」の内的・静的・霊的な側面を象徴しています。
聡明さや知性・精神性・直感力を意味・象徴するカードです。



【女教皇 正位置】
知性、冷静、平常心、洞察力、客観性、優しさ、自立心、理解力、繊細、清純、独身女性

【女教皇 逆位置】
激情、無神経、わがまま、不安定、プライドが高い、神経質、頑固、ヒステリー


★恋愛占いでの意味・暗示される人物像
【女教皇 恋愛 正位置】
 プラトニックラブ。純愛。胸に秘めたままの恋。
 真面目な恋愛。控え目で理知的な愛情。 精神的な結び付きと共感。
 清純。純潔。知的。真面目。高潔。冷静。
 独身。理想の女性。神秘的な女性。
 直観を大切にする。

【女教皇 恋愛 逆位置】
 消極的。心を開かない。素直になれない。
 恋愛に苦手意識。恋愛に否定的。
 ヒステリック。神経質。気持ちが分からない。
 思い込みによる誤解。周りが見えていない。 思慮が浅い。直観がはずれる。
 利己的。晩婚。孤独。

  →タロットカードの意味・解釈 大アルカナ一覧へ戻る  



 ★共有してみませんか?